再勾留7日目 -不起訴を狙うか保釈を狙うか-

この記事は約 4 分で読めます。

午前中に亀田弁護士の接見。

 

特に変わったことも無く、検事と刑事に聞かれたことを伝えた。

 

全て認めて早期の保釈を狙うか、全部否認して不起訴を狙うかを悩んでいた。

 

弁護士に相談すると、西も逮捕されたことで不起訴の可能性も少し出てきたから、保釈は考えずに全否認でいくことになった。

 

 

保釈って基本的に

全て罪を認めていて裁判でも争うことはしません。

って人しかもらえないから、否認してると保釈は無くなるんだよなー。

(詳しくは逮捕からの流れ参照)

 

だから全部認めて早めに起訴されちゃって保釈された方が、外に出ることをゴールにするならその方が良い気がする。

 

本当に悩む。

 

 

結局午後も取り調べが無かった。

 

同居人の元看護士くん(元看護士くんの詳細は勾留9日目 -同居人-参照)が明日保釈になるらしい。

 

他人事なのにとてもうれしい。

 

 

こんなクズでも出ることには応援したくなるのが留置場w

 

約1ヵ月も一緒に暮らしてきて、彼の人としての成長を色々とみてきた気がするw

 

まぁ幻覚や幻聴に悩まされたりしてたけどw

 

外でも色々と頑張ってほしい。

 



 

 

俺に

『本当に〇〇さんにはお世話になったんで、何か自分に出来ること無いですか!?』

ってしつこい元看護士くんにこんな事をお願いした。

 

俺の彼女への手紙

俺の友人への接触

俺の家族への接触

 

接見禁止で全く外に直接手紙が書けない俺はいつも弁護士に送るっていうテイ(留置場の通信事情参照)で手紙送ってるんだけど、どうしても直接的な言い方出来ないし、生の手紙を彼女に届けたかった。

 

だから元看護士くんにそれをお願いした。

 

後は家族への接触。

 

自分が留置場内でどんな生活で、何を考えているのかを伝言してほしかった。

そして本当にすみませんと。本当に申し訳ない事をしたと。

 

 

果たしてシャブ中の伝書鳩は上手く飛べるのだろうか。

 


戦争と伝書鳩 1870‐1945

 

 

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

2件のコメント

  1. 前の記事読みました!
    やっぱり差し入れがあるのとないでは中に居る身としては違うんですね。
    出来る限り、差し入れしたいと思います!

    今日も衣類と本を差し入れに行ったのですが、1つのズボンが入りませんでした。
    理由はポケットがメッシュだからだそうです。ユニクロのやつなんですけどね(汗)

    手紙も弁護士さんの面会の時に見せれると言われたので今日弁護士さん宛に送ったのですがそれもいつ目にするのか…。
    ちゃんと寝れてるか&ご飯も食べれてるかなど外に居る身としては心配が尽きないです。

    ブログにあったホリエモンの『刑務所なう』が面白そうなので今日差し入れしたかったのに本屋三軒回っても無かったです。諦めてAmazonで注文して来週差し入れすることにしました(汗)

    質問なのですが、以前差し入れた衣類とかを宅下げする為の手続きは中の人が手続きするのでしょうか?
    あと、本人が罪を認めていても共犯の方が否認してる場合って保釈も認められずらいんでしょうか?

    1. コメントありがとうございます。

      ポケットがメッシュだと入らないんですね!初めて知りました!ありがとうございます。

      弁護士に『いつ接見行けますか?』と聞いても良いかも知れませんね。
      外に居る方も色々と心配なされますよね。

      ホリエモンの刑務所系の話は本当に面白いのでオススメです!!是非入れてあげてください!

      宅下げですが、いつ取りに来れるかを弁護士通して確認の上、中で手続き(10分くらい)する形です。

      本人が認めていても共犯が否認していると保釈は難しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です