逮捕当日-マグショット・入所検査編-

この記事は約 3 分で読めます。

逮捕当日。

 

少し日本のマグショットのことを書いてみます。

まず逮捕された初日は軽い取り調べ(認否の確認くらい)で、終わったらマグショットを撮る。

こんなやつね。日本のマグショットは絶対に流出しないようになってる(ハズ)。

 

こんなのを《正面バストアップ・斜め45度・真横・正面全身》と撮ります。

 

後は身長と体重をはかって、指紋を取る。

 

今回の逮捕(逮捕は12年ぶり)でビックリしたのが、3D写真撮影が追加されていた。

 

椅子に座って、同時に上下左右6カ所から写真撮られてそれを合成して1つの3D写真を作るやつ。

 

これ警視庁の管轄だけかな?

 

任天堂WiiのMiiのリアルな奴みたいな。

その画像を元に、防犯カメラの中から検索したりできるらしい。窃盗犯とか絶対もう再犯出来ないよね。

 

マグショットが終わるとそのまま留置場へ。

 



 

逮捕されると余程のことが無い限り全員が最低でも48時間は警察署の留置場に居ることになります。

 

まずは自分の着ていた洋服を全部脱いで、手術着みたいのに着替えて自分の洋服で留置場に入る物入らない物を仕分けされて全身をチェック。

 

何が入って何が入らないかは留置場の差し入れ条件に書いてあるんで見てみて。

 

この時に四つん這いになってお尻の穴まで確認されます

 

これ聞いて思うのは、変なホモみたいな看守がイヤラシイ顔でイジメな感じで見るのを想像すると思うけど(え?しない?)実際には全然そんなことは無い。

 

中には変態看守も居るからそういう人も居るかもとは思うけど、みんなも知らないオッサンのお尻の穴なんて見たくないでしょ?w

 

とてもあっさり終わって、布団を持って部屋へ。

 

俺が入った時は元々2人居て俺が入って3人部屋。どんなメンツだったかはそのうち話そう。

 

その日は夜遅かった(消灯が21時で着いたのが22時頃)からそのまま就寝。

 

シングルサイズより微妙に小さいペラペラの敷布団に毛布2枚。

 

こんな色。

改めて地獄の始まり。

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

2件のコメント

  1. 3D写真は地方でも撮られますよー
    自分は暴行罪で48勾留された時にバッチリ
    撮られました!カッコよく写ってたかな〜

    1. わんくんさん

      コメントありがとうございます!

      そうなんですね!やはり全国統一なのかも知れませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です