勾留16日目 -刑事の見解-

この記事は約 2 分で読めます。

午前中、彼女から本が届いた。

弁護士を通じて伝えたおかげでやっと俺の読みたい雑誌たちが入ってきたw

本当にありがたい。


実話ナックルズ 2018年 03 月号 [雑誌]

 

同じタイミングで友達から段ボールで差し入れが届いた

下着とスウェット。ありがたい。雑誌と小説も入っていた。


(エンポリオアルマーニ)EMPORIO ARMANI ボクサーパンツ メンズ ALL OVER LOGO [並行輸入品]

こういう時、本当に周りの温かさに触れる。実感する。みんなありがとう愛してる。

だからこそ誰かが困った時には無条件で助けたいと思える。本当にありがとう。

 




 

 

午後、下妻刑事の取り調べ。

この前作った調書の読み上げと署名、共犯の西について。あとは雑談。

 

何か強引な逮捕で、聞けば聞くほど納得いかない

下妻刑事も

『詐欺での起訴は難しいんじゃないかなー』

って言ってた。

 

だったらすぐ帰してくれって思う。

 

どうせ検察側も意地とメンツがあるし、何かしら起訴出来る罪名を無理矢理つけてくるんだろうなー。

 

本当に国家権力恐ろしい。

 

何が恐ろしいって、自分らのメンツ守る為ならメチャクチャな理由付けて起訴してくる姿勢


国家権力の解剖―軍隊と警察

中に居て色んな人の話聞いてると本当に実感する。

 

心が折れそうだ。

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です