再再勾留4日目-留置場の賭け事・広島県警のガサ-

この記事は約 8 分で読めます。

月曜日。また一週間が始まった。

 

昨日、下妻刑事は『書類の用意が出来たら明日来るね!』と言っていたが恐らく今日は取り調べ無いみたい。(16:30)

 

今日はタッキーと毎日やってる賭け事について書こうと思う。

 



 

 

俺らは、指スマ(チッチーの?いっせーのーせ?)とあっち向いてホイで留置場の食事を賭けていた。

(留置場の食事については勾留12日目-誘導尋問と留置場の食事事情-参照)

 

朝は【メインの半分】とか、昼は【ジュース・おかず】、夜は【メイン】とか。

 

基本的に昼はお互い自弁頼んでるから良いんだけど、自弁の無い日曜日の朝と夜とか超大切だからねw

 

日曜日の昼はどら焼きorカステラが頼めるからそれも賭けの対象になった。

今んとこタッキーは2週連続で甘い物とられてるw

 

刑務所では最近は切手を賭けて色々やってるらしいw

テレビに最初に映るのが男か女かとか、CMが食べ物か乗り物かとか。

 

留置場は特に何もないから、何でも賭けたりして何もないなりに気分転換してた。

 

世間からしたら『留置場で何楽しもうとしてんだ!』って思われることかも知れないけど、そういう事でも無いと頭狂っちゃうよ。

 

 



 

**********************

 

今日は広島県警のガサについて書いてみる。

 

ガサの話の前に、ある日の昼間に車をマンションの前に停めて家に入ろうとしたら、マンションのポストを写真撮ってる奴がいた。

 

俺はそいつを10分くらい尾行して、そいつの乗ってきた車とかを調べた。

 

そしてエントランスにまた戻ってきたそいつに声をかけた。

 

『おいお前誰だよ!何の用?内偵?探偵?』

 

そういうとそのオッサン(アルマーニのダウンとか着て必死に若作り&都会感だしてたけど雰囲気は田舎のオッサン)は手とかガクガク震わせながら警察手帳を出してきた。

 

そりゃ焦るよね。捜査対象者が逆にいきなり自分からバンカケ(声かけ・職質)してくるんだからw

 

『広島県警です。ちょっと捜査してまして。』

 

俺はまた警察かー。と内心思いながら

 

『本物かわかんないから取り合えず110番するから。つか何?対象者は俺?どこの部屋が対象者なの?』

 

というと

 

『いやいや、本物です。あー、あのー。本物です。』

とアタフタしながら対応。

 

結局110番で到着した警察官に警察手帳の番号で照会してもらって、広島県警の人間だと教えてもらった。

 



 

それから2カ月後くらいの2017年4月中旬(逮捕半年前)

 

 

朝、自宅マンションのエントランスのインターホンが鳴った。画面を見るとオジサンが4~5人。

直ぐに警察だと気付いた俺は西に電話しながら、取り合えずインターホンはシカト。

 

すると次のインターホンは玄関のインターホンだった。

 

もう無視できないと思ってドアを開けると、警察手帳を開いて

 

『広島県警です。詐欺事件で捜索差し押さえをします。』

 

と、結局10人くらいが家に入ってきた。

 

彼らは家の中をくまなく調べてPC2台、ノートPC2台を押収。

 

後は会社の通帳や書類関係など確か60点くらいを押収してった。

 

とにかく時間が掛かった。広島県警の予想では、ノートパソコン1台でコソコソやってるもんだと思ったらしいw

 

こっちは真っ当な会社まで興してやってんのに酷いw

 



 

俺はそのまま近くの〇〇警察署に連れていかれて事情聴取。

 

内容としては”うちの会社で買い取ってるギフト券の中に詐欺被害品がある”という事だった。

 

実は、前にも警察から問い合わせが来たりしたことがあった。

大体が<ギフトの仕入れ先の情報教えろ>だったので、うちの知ってる事はその都度全て話していた。

 

正直、その辺から『うちで買い取ってるギフトの中に、怪しい物があるのかも知れないな』って認識はあった。だから広島県警のガサは『とうとう来たなっ!この時がっ!』って感じだった。

 

夕方頃に開放されて、西と会って明日以降のことを相談した。

 

俺はしばらく休もうと言ったけど、西は頑張ろうと言っていた。

 

俺は

『正直こんなんじゃいつパクられるか分かんない』『パクられない保証は無いじゃん』

と話したが、結局押し切られる形で通常通り営業する方向になった。

 

本来、物を買い取って販売する場合には古物商許可証が必要なんだけど、ギフト券は無形物(メールとかで番号だけ)だから古物商にはあたらなく、身分証明書の提示とかも求める必要はないんだけど、今回のことがあったから全仕入先に100%身分証を提出してもらってからじゃないと買取しないことにした

 

結局この時の差し押さえられた物が返ってきたのは3ヶ月後だった。

 

PCで仕事してる人間がPC取られちゃうんだからヤバいよねw

 

『飢え死にしろ』って言ってるようなもんだよw

 



 

 

この時の担当刑事さんがしきりに言ってた。

 

『早いとこ辞めないと今度はガサだけじゃ済まなくなっちゃうぞー!』

 

って言葉、今思うとこの刑事はその時既に本部の動きを知ってたのかな。

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です