再再勾留18日目-先が見えない-

この記事は約 7 分で読めます。

午前中は何もなく過ごし、14:00~16:30で下妻刑事の取り調べ。

 

会社のHPの事などを話して、一応事件としては水曜日で下妻刑事と会うのは最後らしい。

 

保釈が通らなくてその後も留置場に居れば会いに来てくれるらしい。

拘置所に移送になると、警察側も取り調べする(まぁ実際は雑談)のに申請が必要みたいで、面倒くさいから裁判までは会うこと無いらしい。

 

むしろ

『頑張って保釈通して〇〇警察署に会いに来てよー』

って言われた。

 

今日も調書は無く雑談で終わり。

 



 

部屋に戻ると、隣の部屋のシャブ中が保釈で居なくなってた。

 

その人とは地検に向かう護送車で一緒で少しだけ喋ったけど、シャブで捕まるの2回目で

『今回は多分刑務所行きます』

って言ってた。

 

まぁ裁判の結果がどうなるか分かんないから何とも言えないけど、取り合えずその人は保釈通ってよかった!

 

累犯でも保釈通っちゃうんだから凄いよね。シャブ中なんて保釈されても結局そこでまたシャブ喰うでしょw

 

この流れに乗って俺も保釈通ってほしいな。

 

上申書の件も全然詰められてないし、亀田弁護士はいつ来てくれるんだろう。

 

最悪でも1月10日には帰れると思って気長に期待せず過ごす。

 

彼女には色々とお願いばかりで本当に申し訳ない。

 

刑務所に行かない保証なんてないし、最低限、起訴された以上は前科者になるだろうし。

 

先が見えない状況で献身的に支えてくれる周りの人達に本当に感謝だ。

 

自分の今後、裁判だけじゃなくて外に出てからの自分の生活がどうなるのか全く分からない。

どんな状況になってるかも分からないし。

 

 

本当に不安だ。

 



 

-19:30-

亀田弁護士と接見

 

亀田弁護士がずっと言い張ってた

『12月下旬に追起訴がある』

って話、先生曰く

『6日の起訴(今回の逮捕の満期)に合わせて追起訴になるみたいです』

とのこと。

 

検事も刑事も1週間くらい前から

『もう今回ので終わりですよ』

って言ってたし、先生にも散々それを伝えてたのに。

 

と言う事で改めて初公判の日を12月22日に変更できないか聞いてみるらしい。

 

明日か明後日にはわかるみたい。

 

つか12月下旬の追起訴とか絶対嘘だろw

 

先生の都合で1月10日にしちゃったんだろうな。俺に聞く前に。

 

それを帳尻合わす為の言い訳だと思う。

 

やることやってくれれば何でも良いや。

 



 

嘆願書を父や友達が集めてくれてると知った。本当にありがたい。

 

俺の書いた上申書は最後に先生が代筆で署名して提出らしい。

 

嘆願書が水曜日までに集まれば木曜日に発送らしい。

 

つか、

発送じゃなくて直接裁判所持ってってくれよ!w

 

俺『え?直接持って行くのは無理なんですか?タイムラグ出来ませんか?』

亀『いや、うちは新橋なんで、保釈の申請書持って行くには遠いんですよ。わざわざ事務員を向かわせられません。』

 

おいコラw

 

木曜日に申請が開始できるんだから、郵送なら水曜日に発送しろや!w

 

俺『それ、だったら水曜日に発送できませんか?』

亀『あー(ポリポリ)じゃぁそうしますね!』

って。

 

まぁ水曜日に発送してくれれば何でも良いや。

 



 

若干の面倒くさがり感はあるものの、亀田弁護士 も少し保釈に前向きになった気がするw

 

きっと

朝比弁護士→親父→亀田弁護士へのプッシュのおかげだろうな。

 

ホントにありがとうございます。

 

亀田弁護士は

『急いでもねー。(ポリポリ)』

みたいな感じ。

 

この人、逮捕された人の気持ち全然わかってないよなー。

 

一回留置場入った方が良いわマジで。

 

裁判の日程、保釈、全てが上手くいくことを願う。

 

 

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です