【番外編】誤認逮捕 警察の失態と実態-完結編-

この記事は約 4 分で読めます。

前編はコチラ→【番外編】誤認逮捕 警察の失態と実態-前編-

後編はコチラ→【番外編】誤認逮捕 警察の失態と実態-後編-

 

そんなこんなで最低な取り調べと留置場から釈放された俺。

 

帰ってから両親にメッチャ絞られた。

 

本当に。

 

そして帰宅後に両親と話してて、夜中の2時頃だったと思う。

 

インターフォンが鳴って、俺が出てみると大人が3人。

 

警視庁の何とかかんとかって名乗ってた。

 

両親も玄関に来た。

 



 

 

すると改めてスーツの大人たちが挨拶した。

 

そこに居たのは警視総監と高井戸警察署署長だった。後は刑事の偉い奴?w

 

そしてそっこーで土下座した。

 

 

『この度は私どもの不祥事で#%‘<*G+RE~=)‘』

 

とかなんとか言ってたと思う。正直ハッキリ覚えてない。

 

今回の件は、現場の警察官の簡易鑑定の見間違いで発生して、さらには取り調べが適切に行われなかったってことを言ってた。

 

『だから言ったろーが!』

って思ったけど言わなかった。

 

 

親父は

『今回の件が、記録として残らないようにちゃんと処理してください。こっちもとやかく言うつもりは無いんで。こんな逮捕歴が残るのは不本意です。』

って言ってた。

 

ありがとうございます。

 

警察の人も

『もちろんです。この度は誠に&%#‘*>+<?($%~#$』

的なことを言って帰っていった。

 



 

 

次の日、朝からTVを観てた俺はビックリして凍り付いた。

 

警察が今回の件を記者会見してた。

 

これは本当にびっくりしたし、その日の新聞にも事細かく載っていた。

 

ネットには一緒に逮捕された☆と△と俺の事が名前をイニシャルにして散々書かれてたw

 

もう怖すぎ。

 

そんなこんなで誤認逮捕という特殊な経験は、警察から勾留1日当たり7,000円くらいのお金を貰って幕を閉じた

 

俺の日当どんだけ安いんだよww

 



ちなみに、車を運転してて職質された時に身元の照会するけど、その時に警察に100%言われることがある。

 

『いやー、お兄さん結構やんちゃだねー。ちょっと車内見せてもらえるー?』

 

おい警察!全然この時の逮捕の履歴残ったままじゃねーかw

 

何が消すだよな。

 

まぁそれ以外にも何回も逮捕歴あるから関係ないかw

 

 

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です