勾留7日目 -勾留延長・彼女からの差し入れ-

この記事は約 2 分で読めます。

今日は検事の取り調べで検察庁へ。逮捕されてから丁度1週間が経った。

 

そしてあっさり10月25日まで(+10日)の勾留延長が決定した。

 

検事の取り調べは立川の地方検察庁でやるんだけど、護送車でみんなで行って自分の番が来るまでひたすら待つ。本当に地獄。

 




 

帰ってきて夜、亀田先生の接見。彼女は自宅に。愛犬は俺の実家に帰ったことを聞く。本当に申し訳ない。

 

中に居ると本当に外のことが心配になって精神的に辛くなる。そのうち登場する64歳の窃盗犯も言ってるけど、結局外に待ってる人が居たり、何か動いているもの(会社や仕事など)があればあるほど中の生活が辛くなる

 

そんな時に本当に励みになるのが、みんなからの差し入れ。

弁護士通じて彼女に『週刊誌入れてくれ』って伝えてもらって、送られてきた雑誌が


週刊女性自身 2018年 2/20 号 [雑誌]

 

まさかの《女性自身》ww

とてつもない天然かましてきたw

 

俺が読みたかった週刊誌は《実話ナックルズ》とか《週刊実話》とか《週刊プレイボーイ》とかだったw

それでも死ぬほど嬉しかったし、一緒に入ってた小説のセンスは完璧で、本当に元気が出た。

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

ちなみに、接見禁止がついても書物と衣類の差し入れは可能です。

その辺はココに詳しく書いてます。

 

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

4件のコメント

  1. いま彼が勾留なのでどんな感じなんだろーと思って読ませていただいてます。
    接見禁止ついても書籍は差し入れ可能だと私も思ってましたが、警察署によってかなり違うみたいで、私の彼のところは書籍もダメです。弁護士からなら大丈夫です。
    しかも、郵送で送る場合は予め電話して、名前、住所、何を送ってくるかというのを全部いわないと入らなかったです。

    1. コメントありがとうございます!

      え!かなり厳しいですね!そんな警察署があるんですね、、、。ちなみに都道府県って聞いても大丈夫ですか?

      1. お返事くださってるの気づかなくてすみません。
        ちなみに静岡県です!もろちびまる子ちゃんのところです笑
        でも洋服のチャックはOKでした笑
        ちなみ都内のラフォーレなんかがあるところの警察署は接見禁止でも全然入ってます笑

        1. 静岡県はチャックも入るんですか!?何か脱走とか武器とかに使われちゃいそうですけどね?w

          それは原宿ですか???接見禁止でも入ってますって言うのは差し入れですかね??

みさん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です