勾留18日目 -錯乱状態-

この記事は約 3 分で読めます。

今日は立川地検で検事の取り調べ。

午前中と午後で合計3時間くらい話をした。

 

長すぎ。

 

検事に

『何か怪しいとは思いませんでしたか?』

『詐欺などの犯罪で得たギフト券だと認識は全くありませんでしたか?』

としつこく色々な場面で聞かれた。

 

もちろん全て

『全く意識したことはありませんでした』

と答えた。

 

夜、亀田弁護士と接見。

 

前回の取り調べで聞いた通り”犯罪収益等収受”で再逮捕される予定だと伝えた。

 

詐欺では起訴できないと思った検事・警察側の苦肉の策だ。

 

詐欺での逮捕は難しくても”犯収”なら簡単に起訴出来るから。

 

接見の最後に彼女からの手紙をアクリル越しに見せてもらった

 

接見禁止だから普通に手紙のやりとり出来ないから。

詳しくはコチラ→(留置場の通信事情(手紙)

 

外のことで色々と不安なこともあって、弁護士伝いにお願いしてたことも全てコンプリートしてくれていた。

本当にありがたい。

 

急に逮捕されるわけだから、犬のこと、家賃や車の事、会社の事、家族の事

 

本当に不安が山ほどだった。

 

でもアクリル越しに見た手紙で一瞬で全て吹っ飛んだ。

ちゃんと解決してくれていたことでとても安心できた。

 



 

 

そういえば、今日で勾留満期の元看護士くん(勾留9日目 -同居人-)が、まさかの起訴されてて自暴自棄になって錯乱した。

 

起訴状が留置場に届いて、それを担当に見せられた瞬間に、ドラマみたいに

『え?何ですかこれ。キソ?起訴?起訴ってことは刑務所に行くんですか?え?なんでだよ!ぅおぉぉぉぉおおおお!!!』

ってなってて、壁に思いっきり自分の頭とか打ちつけてた。

 

『もう俺生きてる意味も価値もないっすよー!!!』

ってw

 

生きてる意味も価値も無くても、死ぬのは外でやってくれと思って相変わらずなだめたw

 

まぁ分からんでも無いけど。

 

今日は色々と忙しい1日だった。疲れた。

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です