勾留17日目 -ここだけの話-

この記事は約 2 分で読めます。

今日は午後から下妻刑事の取り調べ。

会社の経理の話などをして調書を完成させた。

 



 

 

終わるころ、2人だけの話として下妻刑事から色々話を聞いた。

 

まず警察側が『何かしら証拠が出てくるでしょ』というスタートで逮捕状を請求していたこと。

 

そして詐欺罪での立件(起訴)が無理だと諦めていること。

 

詐欺罪での立件が無理だった時用に”犯罪収益収受”という法律で逮捕しようとしていること。

 

取り合えず亀田弁護士と相談だ。

 

下妻刑事は、逮捕後すぐに詐欺罪での立件は不可能だと思っていたらしい。

確かに結構早い段階で言ってた。

 

何か
『今回の逮捕は上の人間が完全に見誤った』
と言っていた。

 

やっぱり警察も検察も強引すぎると思う。

人の人生なんだと思ってんだよなー。

後、他府県の警察からも事情聴取したいと連絡が来てるらしい。

辛いなー

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です