再勾留4日目 -嫌な予感と起訴の確率-

この記事は約 2 分で読めます。

午前中、亀田弁護士の接見。


日曜劇場 99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ(上)

 

 

 

起訴の可能性が70%くらいだと聞かされた。

正直辛い。

 

昨日の増田(仮名)の件(再勾留3日目 -ギリギリのライン-)は黙秘することになった。

 

取り合えず西は起訴されないことを願う。

 

 




 

 

亀田弁護士いわく、もう一度逮捕される可能性も高いとのこと。実刑は無いにしても年内に帰るのは無理なのかな。

 

 

色々と悪い流れがあって気持ちも良くない。きっと午後からは下妻刑事の取り調べ。時間があればまた書く。(11:00)

 

 

午後は下妻刑事の取り調べだった。特に話すことも無く、2時間くらい雑談して終わり。調書も無し。

 

下妻さんの話だと、もう特に調べることも無いから再逮捕も無いんじゃないかとのこと。

 

検事が決めることだからわかんないけど。

 

警察側も詐欺で立件できなかった時点でかなり熱が冷めてるなー。

 


日本の警察がダメになった50の事情―神奈川県警、新潟県警、埼玉県警……警察不祥事はなぜ多発するのか。 (別冊宝島Real (#001))

 

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です