再勾留15日目-重窃盗犯のきもち-

この記事は約 4 分で読めます。

今日はタッキーが検事の取り調べ、64歳の窃盗犯は今日から立川拘置所。

 

その為夕方まで1人。

 

朝、64歳の窃盗犯と最後の挨拶。

お互い正座して

『約1か月間ありがとうございました。お世話になりました。頑張ってください。』

と。



 

 

 

俺は心底思っていた。

 

この人は必ず戻ってくると。


誰が彼らを止められるのか ルポ・累犯障害者たち (朝日新聞デジタルSELECT)

 

彼は求刑が2年6カ月だったようで、

 

『2年4カ月で戻れる』

『東京五輪が観れる!』

 

と言っていたが、何なら東京五輪の盛り上がりに便乗して何らかの窃盗でまた捕まると思った。

 


東京五輪後の日本経済: 元日銀審議委員だから言える

 

彼はガソリンスタンドや会社や店舗の事務所を荒らす窃盗犯で、元は大手上場企業の社員だったけど、リストラにあい離婚して、そこから泥棒として暮らしていたらしい。

 

彼は民家には絶対入らないと言っていた。事務所だけだと。

 

あと、依頼者に頼まれるパターンもあるらしく、1件100万とかで請けてたらしい。←絶対盛ってるよねw

 

結局、刑務所とかが嫌じゃなくなっちゃってるんだよね。外に仲間も家族も居ないし、留置場に居ても快適だし刑務所での生活も慣れてるし。

 

だから

『捕まっても良いや』『捕まんなければラッキー』

って思って窃盗を重ねるんだろうな。

 

ホントふざけてんなー。

 

 

午後、13:00丁度に呼び出される。下妻刑事の取り調べかと思ったら検事が呼んでるらしく、単独でそのまま立川地検へ。

 

14:00~16:00で検事の取り調べ。

 

西とのLINEや転売先からのメールなどを見せられて、覚えてるか聞かれた。

 

全部覚えがありません。と答えた。

 

最後に

『今日の取り調べは以上です。』

って言われた。

 

何か月曜日もありそうだなー。(今日は金曜日)

 

地検から小金井警察署に帰ってきたのは17:00過ぎ。

 

護送バスより遅くて、先に帰っていたタッキーが驚いていた。

 

『検事も相当焦ってるんですかねー。』

 

って。

 

検事と話す限り相当焦ってる。

 

だって2日連続でガッツリ地検呼ばれるとか、なかなか無いよ。

 

とにかく自供があれば99.9%だけど、そうじゃないなら他のことで起訴出来るように全部証拠をそろえなきゃいけないんだから。

 

自供って相当助かると思うw

 

 

タッキーも今回、全否認中。

 

勾留満期も俺と同じ11月15日。

 

2人で励ましあってどうにか15日まで頑張って否認する。

 

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です