【番外編】弁護士の存在

この記事は約 8 分で読めます。

今日は弁護士のことを書いてみる。

これは俺の個人的な見解なので、何かの参考になれば良いなと思います。

 

ブログの中でも何度も登場する弁護士。

 

逮捕されると本当に弁護士の存在は大きくなる。

 

本編と重複するかもしれないが、逮捕された時にどれだけ弁護士が力があるかを書いてみる。

 

  • 逮捕後、弁護士だけは24時間どんな状況でも面会が出来る
  • 逮捕後、弁護士だけは立会人無し(2人きり)で面会(接見)が出来る
  • 逮捕後、接見禁止でも弁護士には手紙を送ることが出来る

 

大きくはこの3つだと思う。

 



 

弁護士は、逮捕された人間が地方検察庁だろうが裁判所だろうが、どこに居ても面会が出来る。

 

留置場も24時間いつでも面会できる。

 

俺が入っていた時も、夜の23時とかに弁護士が接見に来てた人が居た。

 

後は、被害者が居る場合に被害者と示談交渉をしてくれる。

 

被害者が居る場合には本当に大きなことだと思う。

 

喧嘩しちゃったとか、痴漢しちゃったとかで、被害者と示談する必要がある場合に、弁護士は被害者に連絡を取って交渉してくれます。

 

基本的に警察は示談交渉とかの間に入ることは出来ないから、弁護士が居ないと誰もやれないんですよ。

 

もちろん本人は檻の中で連絡つかないし、加害者の親族とかも被害者の情報は知りえないし。

 

だから絶対的に弁護士が必要です。

 

 



 

でも、よーーーーく考えて欲しい。

 

仮に、痴漢した場合。

 

迷惑防止条例違反

 

として逮捕されることが多いと思います。(下着の中まで手を入れてたら強制わいせつとか)

 

こんなの、ほぼ100%刑務所行かないでしょ。

 

認めて裁判早く終われば2カ月とか?で略式起訴で出てこれたりするわけよ。

 

それでも弁護士頼む必要あります?

 

 

弁護士に頼むと、最低でも30万円は掛かると思う。(私選の場合)

 

そして示談金が大体最低でも50万くらいとか?

 

合わせて最低でも80万円は掛かるわけよ。

 

弁護士は接見に来るだけでお金掛かるから。

 

接見1回1万円とか。

 

だからまぁ書類代だのなんだのって何だかんだ100万くらい掛かるよ。

 

それでも雇う必要ある?

 

こんなの怒られるかも知れないけど、被害者と示談しなくても大体の刑が決まってる状態(刑務所の可能性がほぼ0)なら、弁護士なんて雇う必要無いと思う。(示談も必要ないと思う)

 

弁護士も人間だから、絶対なんてことは1つも無いだろうし、最終的に刑を決めるのは裁判官だから。

 



 

 

とまぁ、ここまで否定的な話を挙げましたが、ここからは俺が弁護士を雇って本当に良かったと思った話。

 

俺の今回の事件は共犯が居て(西)共犯との間での話のつじつま合わせが出来たこと。

 

これは本当に大きかった。

 

弁護士は悪い人じゃないからもちろん変な事は言えないんだけど、『ここはこんな風に言いましょう』『この部分はお互い黙秘しましょう』とかって作戦を共犯と共有できるのは本当に大きいと思う。

 

中にはコンプラとか知らねーよ!って悪い弁護士も居て、面会中に携帯電話でアクリル板越しに外の人間と電話させてくれたりする弁護士も居るww

 

まぁ弁護士も人間だからw

 

色んなタイプが居るわけよ。

 



 

 

もう1つ弁護士を雇う理由として、中に居る人間の心の支えになること。

 

俺は基本的にずっと接見禁止で、誰とも面会も手紙も出来なかったから、事件の事で相談できる人間が居るのは本当に助かったし、自分の家族や友人、恋人何かと連絡とってくれてお互いのことを知れるのは本当に心の支えになった。

 

 

留置場に居ると雑居でやっぱり事件の事を相談したりするけど、結局犯罪者しか居ないし専門家じゃないから、公平な目でちゃんとアドバイスしてくれる人間が居るのと居ないのじゃ全然気持ちの持ち方が違うんだよね。

 

だから、何カ月も留置場や拘置所に居るとドンドン気が滅入ってきて、やってない事まで自供したりとか、言わなくて良い事まで言っちゃったりとかあると思う。

 

そういう時に弁護士の存在って本当に大きいと思う。

 

だから、本当に落ち着いて良く考えるべきだと思います。弁護士は。

 

俺は今回完全に弁護士の選任ミスったし、ぶっちゃけムダ金だったと思ってるくらいだから。(他の弁護士に頼めばよかったと思った)

 

だから、焦らずにまずは周りに相談してみるか、もし周りに相談出来ないなら、お問合せフォームから相談くれても良いと思う。

 

多分これを見てる貴方よりも法律の知識と悪知恵あると思うから。

 

弁護士を雇うか雇わないかは、あなた次第です。

最初からお読みになる場合は
逮捕当日 -前編-からどうぞ。
記事一覧はコチラです。
最新記事はこちらからどうぞ。

(※本文に登場する人物はすべて仮名です)

6件のコメント

  1. 初めまして。
    色々なサイトを見ているうちにこちらのサイトに辿り着き、1番最初の記事から全て読まさせて頂きました。
    今、内縁の夫が留置所にいます
    5月30日の早朝におはよう逮捕されました。
    事件名は住居侵入、窃盗です。
    旦那の他に共犯が3人います。
    4月12日に会社員の家に入り、現金320万とサングラス、ライターを盗んだ疑いだそうです。
    旦那とは、私名義の家で子供2人と4人で暮らしています。
    逮捕された当時私は妊娠中でしたが、捕まっている間に産まれました。
    旦那は住所を実家においてありますが、内偵していて一緒に暮らしている事とかが分かったそうです。
    逮捕されてすぐ私撰弁護士をつけました。
    他の3人もすぐに私撰弁護士をつけています。
    弁護士のやり方で23日間完全黙秘を4人共しました。
    拘留満期の日、住居侵入、窃盗は処分保留釈放になりましたが、ナンバープレート2枚を盗んだ疑いで4人全員が再逮捕されました。
    そしてまたひたすら黙秘して拘留満期の日、処分保留釈放でしたが別の日にナンバープレートを盗んだ疑いで再々逮捕されました。
    そしてまた完全黙秘をして、明日が拘留満期の日です。
    接見禁止がついていて話せませんが、弁護士を通して手紙のやり取りはできています。
    4人共家族の接見禁止解除の申し立てを2回していますが、1回目は4人共全員通らず、2回目に1人だけ通ったみたいですが私のとこはダメでした。
    弁護士さんいわく裁判官によると言っていたのですがそうなんでしょうか?
    ただ、接見禁止なのにも関わらず再々逮捕された次の日だけ面会できました。
    このまま黙秘し続けていいものなのでしょうか、、
    明日また再々々逮捕されそうな気もします。
    警察も小出しにしてるように思えるし、弁護士にも不信感がつのります。
    凄く忙しい弁護士みたいで、最初はよく接見してくれましたが今は週一、よくて週二です。
    夜間などは絶対にこないし、土日祝日もおやすみみたいで絶対に来ません。
    拘留満期の日もどうなるか午後にしか分からないと毎回言われます。
    どうすればいいかと自分なりに毎日調べています。
    こちらのサイトを見つけて相談させて頂きました。
    突然すみません。

    1. 綾香さん
      コメントありがとうございます。
      ブログも読んでいただけたようで、ありがとうございます。

      お子様も生まれたようで、とても大変なタイミングですね。

      >4人共家族の接見禁止解除の申し立てを2回していますが、1回目は4人共全員通らず、2回目に1人だけ通ったみたいですが私のとこはダメでした。
      これは裁判官の判断なので、どうにもできないと思います。被留置人と外部の人間の関係性にもよると思います!

      >接見禁止なのにも関わらず再々逮捕された次の日だけ面会できました。
      奇跡の一日があったのですね!良かったですね^^

      文面を拝見させていただく限り、恐らく再逮捕地獄のような気がします。
      もしそこまでのネタが無いのであればすぐ終わりそうですが、そこはご本人が一番わかっているんじゃないかなと思います。

      起訴されるまで黙秘(否認)を続けるのも1つの手だとは思います。自認してしまえば間違いなく起訴→有罪になりますので。
      ただ、これがいつまで続くのかが問題だと思います。いくら前科にならないといっても何カ月も留置場に居るようだと外で待っている人間の生活が滅茶苦茶になってしまいます。もし無限再逮捕地獄が予想されるようでしたら、早く認めて早く裁判終わらせるのも良いかも知れません。

      何よりこちらの意志を弁護士通じてご本人に伝えるのが大切かと。
      弁護士も人間ですので、土日祝日は勘弁してあげても良いのかと思います。

      疑心暗鬼になる気持ちは痛いほどわかります。
      一度落ち着いて、今の状況と今後ご自身がどうしたいのかを明白にされることをお勧めします。

  2. 返信ありがとうございます。

    拘留満期の今日、処分保留釈放になってやはり4人全員が再々々逮捕されました。
    今回の事件名は住居侵入、窃盗です。
    1回目の逮捕で住居侵入、窃盗
    2回目でナンバープレート窃盗
    3回目でナンバープレート窃盗
    4回目の今日が住居侵入、窃盗なんですが、弁護士いわく本人が黙秘でまた頑張ると言っているそうです。
    全て処分保留になっている為、仮に今自白したとしたら初犯でも実刑は免れませんよね、、
    だけどこのまま黙秘していても本当に無限再逮捕地獄になりそうですし、何が1番いいのかがわかりません。
    弁護士も、今日ずっと連絡がなく、私が警察署に問い合せて再逮捕されたのがわかりました。
    結局弁護士から連絡きたのが15時でした。
    明日から9日まで遠方にいくため、早くて接見は10日か11日になるそうなんですがそんなもんなんでしょうか。
    不信感はありますが今更弁護士を変えるのもどうかと思いますし、先が全く見えない状態です。

    1. 綾香さん
      コメントありがとうございます。

      黙秘が正しいかどうかは何とも申し上げにくいですが、起訴されないという事は検察側も慎重になっていて、恐らく100%有罪にする証拠が無いのではないかと思います。そのため自供を待っているのかなという印象です。

      >全て処分保留になっている為、仮に今自白したとしたら初犯でも実刑は免れませんよね、、
      件数が多いから必ずしも実刑になるとは限りません。最終的に認めて裁判に挑むようでしたら、示談が取れれば執行猶予はかなり確率高いと思います。
      無限再逮捕地獄になるほどの余罪があるかどうかですよね。どうなんでしょうか?

      弁護士さんも多くの案件を抱えている方が多いと思いますので、地方出張など良くあります。
      一度落ち着いて、状況を整理しましょう。

      1つ言える事は、この状況や苦しみは今だけという事です。
      執行猶予であれば数カ月
      実刑でも1~2年
      です。
      とても辛く大変な状況だという事は本当に痛いほど分かります。それでも無限に続くわけでは無いので、1度状況を整理して、少し気持ちを落ち着けましょう。
      あまり根詰めすぎないように!

  3. ありがとうございます。

    弁護士と電話で話し、納得のいく説明をしてくれました。
    中では刑事が4人全員に、お前ら喋らないとずっとこのままだぞ〜。などと言ってるみたいですがそんな事はありえないようですね、、
    余罪については分からないみたいですが弁護士の経験上、再逮捕があったとしてもおそらく後1.2回のようですし、現状このまま黙秘でいくのが1番良いみたいです。
    警察の今のところの証拠といえば、防犯カメラにありんこ程の小ささで4人が映っていて、多分この4人だろうなってゆう事ぐらいだそうです。
    それと、明日面会にいきたいと刑事に電話をしたらokがもらえました!
    凄く威圧的な態度で、こっちは駄目って言えるんだよ〜
    俺が恩義でさせてあげるだけだからね。と言われましたが、、笑
    色々大変ですがもうしばらく頑張ってみようと思います。
    心折れかけてる中でこちらのサイトを見つけ、すがるような思いで相談させてもらったのですが、親身に相談にのって頂き本当にありがとうございます。

    1. 綾香さん

      良かったですね!まぁ本当に白か黒かは別として、1日でも早く外に出れるのが1番ですね!
      窃盗の場合は分かりませんが、詐欺とかだと10回以上も再逮捕される場合もあるので、一度状況を確認することをお勧めします。

      >明日面会にいきたいと刑事に電話をしたらokがもらえました!
      接見禁止では無いんですか??会えるならラッキーですね^^

      とにかく旦那さん(?)に元気な笑顔を見せてあげて、少しでも中に居る人を安心させてあげられると良いですね^^ それが綾香さんの元気にもなると思いますので!

      裁判官では無いので決定的な話はできませんが、話を聞く事は出来ますので、いつでもコメントください^^

RyuchiMaster にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です